水着でバストアップ

普段着の時は綺麗にブラジャーで盛れている胸ですが、夏になると水着になる機会もあったりすると困ることが起きます。それは、バストがキレで大きい人なら良いのですが、小さかったり形が悪かったりするとブラジャーの力に頼ることが出来ないために、人に見せられるようなバストではなくなってしまい脱毛サロンもしかしたら一緒にいる彼氏に呆れられてしまうかも知れません。しかしながら、ブラジャーではなく水着、特にビキニによって簡単にバストアップをすることができるのです。
水着によって形は違いますが、ビキニの場合はほとんどが三角形の形をしています。この三角形の部分をギュッと絞って寄せることでかなりのバストアップ効果が見込めます。少し、この両胸の間の中央部分が弱い時は自分で縫って強度を強くするだけでもバストアップが出来ます。
水着のデザインによっても漏れやすいものがあります。それは、肩紐が2本あるものです。1本のものよりも強力でしかも、範囲も広くなるためにバストアップをする力が強くなると共に、周りのお肉を集めやすくなります。周りのお肉を集めることで、ウエスト周りなどを細く見せて、さらにバストを大きく見せることができます。
こうして上手く大きく見せても少し寂しい場合は、柄が派手なものでごまかしてみたり、胸元に大きなリボンやフリルなどのデザインがあるもの、またはバンドゥタイプの水着で隠してしまったり、また、谷間にメイクでシャドウを入れてみたり、単純にパットを多く入れる方法もあります。自分の持っている水着などに合わせて、バストアップをして水着を着ましょう。