小説に触発されて出会い系に

スマホで小説を読んでいたときにそこに掲載されていた出会い系サイトの広告から、ふらっと登録してしまいました。小説を読んで、すこし大胆になっていたせいもあると思います。登録してほんとに10分も経たないぐらいから、男性からのアプローチがあり、30分経過するあたりでは30通近く来ていました。半睡以上はすぐにラインを交換したいとかヤラシイ内容のものばかりでした。普段ならそういうものには嫌悪感を抱くのでしょうが、その時には興味をいだいてしまいました。その中に今からでもとりあえず会ってみませんか?といった内容が書かれていたものがありましたので、私は勝手に盛り上がって承諾しました。
たしかにその人は来てくれましたが、「今日はあまり如何が取れないので、後日ゆっくり会いませんか」みたいな感じでした。私はもうすでに盛り上がっていましたので、お茶して別れたあともどうしていいのかわかりません。もう一度出会い系のマイページを開いて、今からでもすぐ出てきてくれるような人を探して返信しました。一番初めに返信してくれた人と会おうと決めていたのです。
大体その日に出来もしないのに、どうしてわざわざ会ってみようかなど考えたんでしょう。一番初めの人は。その時にアドレスも教えてくれましたので、私が気に入らないからそうしたわけではないというのはわかります。でもゆっくり会えないなら、後日でよかったじゃないですか。その時間がもったいなくて他ありません。そうこうしているうちに返信がありましたので、待ち合わせ場所もあまり遠くないのでその人に決めました。変な人ではなさそうだったので、デート出来ればいいという感じで待ち合わせをしました。
しかし待ち合わせ場所に来た人は、ほんとうにサエナイ人で、不潔感もありました。コッチを見て「こんなきれいな人が来るとは思わなかった」などと言っていましたが、実際セふれ 募集 エリトリアこの男じゃもてないでしょう。私でも感激するぐらいキレイに見えたかもしれません。どうしようかと一瞬迷いましたが、今日のところは妥協しました。この時間からじゃ他に現れそうになかったですから。でも一緒に過ごすと「優しい人だ」ということがわかりました。あれから何度か会っています。面食いの私なのにどうしてかしら?となんとも複雑な感じです。もちろん出会い系で出会った他の人ともデートはしています。他の人はこの人よりかっこよくて清潔感もある人ばかりですが、結局なぜか惹かれるのは、自分の好みではないこの男性なんです。出会いって不思議なものですね。まずビジュアルが目につくような出会いだったら、この人に惹かれることはなかったと思います。