出会い系で落ち込んだこと

出会い系で週1の頻度で女性にあっていると、相手を自分が傷つけてしまうこともありますが、自分が傷ついてしまうこともあります。男ですから落ち込んで泣いてしまうなんてことはありませんが、女性だったら泣いてしまっているかもしれません。先日ですが出会い系でのやりとりからLINEに移って長くなったので、そろそろ誘ってみようかと「映画に行きませんか」と声を掛けた女性がいました。そういうやりとりの中ではとてもうまくいっていたんです。待ち合わせの場所でお会いして、写メよりもきれいな人だったので、自分としてはとても盛り上がりました。映画を見た後の展開に、大いに期待したのは言うまでもありません。約束をする時点で「その日のご予定は?」と訊くと、何も無いと言っていました。「これは良い線まで行けるかも!」などと期待をふくらませていました。しかし映画が終わって「どこかで食事でもしませんか?」と誘うと「今から用事があるので帰ります」と取り付く島がありません。それなら仕方ないとお別れしました。でも約束した時点ではその日は何も無いと言っていましたし、会ったときにもそんなことはヒトコトも言っていなかったのです。映画を観ている最中に、なにかが変わったのか、今日あったときの印象が想像と全く違っていたのかもしれません。無事に帰りつきましたか?というメールも無視されてしまいました。ブロックされていたのかもしれません。その人とはそれっきりになりました。食事をしてもっと知りあうようなキッカケも作りたくないほどPCMAX スイス私の何かが気に入らなかったとしか思えません。それはそれでショックですよ。
その時に自分も女性に同じようなことをしてしまったことを思い出し、相手の女性はショックだっただろうなと考えました。その時には相手が写真や自称と全く違うことに腹を立てていましたが、やられてみて初めて辛さが分かるものですね。だからといって好みじゃない人とグズグズ長く一緒に過ごす必要はありませんが、食事ぐらいはして帰せばよかった。その時の自分の態度を反省しました。
出会い系でのショックに申し込んだら「彼氏ができたのでごめんなさい」と言われたというのもあります。自分は出会い系で、ひとりの人とやりとりをしているわけではありません。同時に複数の人にアタックしているのがほとんどです。ですからその子を責めることは出来ません。私がグズグズしているうちに、他の男性と会って付き合うことになったのでしょう。でもやっぱり落ち込みました。