不安から開放されるレズの性行為

バイとノンケはどう違うのか、それはレズとゲイの違いほど違います。バイとはバイセクシャル(同性・異性どちらとも性行為が可能であると言うこと)で、ノンケとは(ノーマルでその気がない)という俗語の事を言います。どちらかというと、レズの間ではバイとの付き合いよりもノンケとの付き合いの方がうまくいきやすいと言われています。男性との性行為に嫌気が差している女性はノンケからレズビアン性が出始めている兆候にあると言えます。その為か、女性との性行為に興奮を覚えると、やめられなくなるのです。バイの女性はレズの性行為でからだの遊びを覚えテレクラ男性との性行為に興奮を求めます。異性であるがゆえに得られる達成感に満足できる人はレズの性行為に求めることは安心感なのかも知れません。それとは違って異性とのセックスは、オーガズムの興奮との駆け引きです、しかしレズのセックスに興奮を求めることはありません。同じ所を感じる相手から体を愛でられることの安心感をお互いに探り合うのです。異性とのセックスでの危険と言えば妊娠が一番ですが、性病も無いとは限りません。想像もつかないからだの異変を心配することもないレズの性行為に安心感を得ているのかもしれませんね。